HIDA Online Shop

エンツォ・マーリのデザインによる杉材の家具

ITEM Index

  • CHAIRS チェア
  • SOFAS ソファ
  • DINING TABLES ダイニングテーブル
  • LIVING TABLES リビングテーブル
  • CABINETS キャビネット
  • COLLECTION コレクション
  • BEDS ベッド
  • COMPLEMENTS その他
  • CUSHIONS クッション
  • Fabrics/ファブリック

 

ショールーム

HOME»  デザイナー

デザイナー

Enzo Mari(エンツォ・マーリ) バイオグラフィー

                                         

1932年

 

イタリア北西部、ノヴァラ生まれ

1952年

 

ミラノ国立ブレラ芸術学院にて学ぶ

1956年

 

ブルーノ・ムナーリらと共にダネーゼ社の為のデザイン活動を開始

1972年

 

ニューヨーク近代美術館の『ニュー・ドメスティック・ランドスケープ展』に出品

1977年

 

ADI(イタリア工業デザイン協会)会長就任

2002年

 

ミラノ工科大学名誉学士授与

2004年

 

財団法人岐阜県産業文化振興事業団オリベ想創塾名誉客員教授就任

  Enzo Mari(エンツォ・マーリ)

 

厳格なスタイルで知られる、イタリアを代表する工業デザイナー。

ミラノ工科大学はじめ、多くの大学で教鞭を執る。

コンパッソ・ドーロ賞を4回受賞するなど、受賞歴多数。

1950年代初頭から視覚心理学及び3次元空間の知覚的構造の構築を研究。アーティスト、デザインの思想家、プロダクトデザイナーとして幅広い活動を精力的に行う。

ドリアデ、ザノッタ、カルテル、マジス、ダネーゼ、アレッシィ等、トップブランドの作品を数多く手がけ、これ迄に製作した作品数は1,600点を超え、その内29点はニューヨーク近代美術館の永久所蔵品に選ばれている。また、1973年製作の磁器21点が、東京国立近代美術館工芸館に所蔵されている。

2005年のミラノ・サローネで発表したHIDAは、大きな話題を呼びました。

2005年 ミラノ・サローネ 出展の様子